グルコサミンで健康軟骨【痛み緩和で歩ける楽しさ実感】

痛みの要因

膝

加齢とともに膝の痛みを感じることが多くなります。これは膝が常に大きな負担を負っている部分だからです。足を動かすときに要になるのが膝ですが、そのために長年膝を使い続けることで軟骨はすりへってしまっています。このように書くと、ひさの痛みは年配者に多い特徴だと思われるかもしれません。ある意味では、そのとおりですが、何も年配者に特有の症状というわけではありません。若い人でも膝の痛みを感じる人は非常に多いのです。たとえば、運動不足がちの人にはよくある現象です。運動不足ということは膝を使っていないはずなのに、なぜ膝の痛みを感じるのか疑問に思う向きもあります。しかし、運動不足になるということは、肥満になりやすいのです。肥満になることで膝への負担が大きくなるというわけです。

平坦な道を歩くだけでも膝への負担は相当なものです。自身の体重の3倍近くも膝にはかかっているのです。肥満になった場合は、通常体重の人よりも多くの体重を支えなければいけませんので、その負担は計り知れないものになります。また、肥満だけが膝の痛みの要因ではありません。他にも、膝の酷使が挙げられます。これは肉体労働をする人に多く見られるものです。警備員や教師など立ちながら仕事をすることが多い人は、膝への負担がかなり大きいです。あるいは、正しくない姿勢でいることが多い人も同じように膝への負担が大きいです。農作業に勤しんでいる人は無理な姿勢をしていることが多いので、注意が必要です。このように、膝の痛みの要因はいろいろとあります。