グルコサミンで健康軟骨【痛み緩和で歩ける楽しさ実感】

避けられない症状

症状と対処法

男女

更年期とは、女性が主になる症状で、閉経前後10年くらいのことを指します。症状としては、疲労感やめまい、頭痛、肩こり、冷えなどの症状が出てきます。また症状がひどい方は、日常生活に支障をきたすこともあります。日常生活に支障をきたしてしまうほど症状がでてきてしまうことを更年期障害ともいいます。更年期は誰もが避けて通ることのできないところですが、症状を軽減したりすることは可能です。では、主にどういったことをすればよいのでしょうか。更年期に入る前から気を付けておくと良いこととして、食事があります。食事については、主に塩分や糖分の取りすぎに注意して、イソフラボンなどの大豆製品やカルシウムを多く摂取することが良いと言われています。また、食事だけではなく、漢方やプラセンタなどのサプリメントも摂取すると良いと言われています。

原因と対処法

そもそも更年期とはなにが原因で起こるのかというと、ホルモンのバランスの乱れが一番の原因と言われています。女性には、エストロゲンとプロゲステロンというホルモンの2種類が分泌されています。このホルモンは生理の周期によって上手くバランスを整えているのですが、女性は閉経を迎えると卵巣の働きが著しく衰えてしまいます。すると、いままでとれていたホルモンバランスが崩れ始め、エストロゲンホルモンが分泌されなくなり、更年期の症状がでてくるのです。そのため、ホルモンのバランスを少しでもよくするために先ほど説明した食事を取ることが大切です。また、食事だけで補いきれないようであれば、女性ホルモンの働きを助けるサプリメントを摂取することも良いでしょう。更年期の症状に有効な成分の凝縮されたサプリメントを常用することで、更年期障害を大きく緩和できるケースもあります。漢方なども、更年期の症状を軽減させてくれるので効果的です。他にも、アロマオイルなどの香りを嗅ぐことや、オイルでマッサージを行うことも良いとされています。